ひまわりの後継問題

気象衛星の危機的状況

新聞等でも報道されましたので、気象衛星ひまわりに後継問題が発生していることをご存じの方は多いでしょう。
しかし、この問題が以前に発覚した時にも「日本にはこの程度の衛星を維持する国力が無いのか…」と愕然としましたが、まさか解決されず、いや更に悪化した状況を迎えるとは何ともはや。
受益者であるTV局から利用料を徴収すべし、という意見もありましたが、この程度の問題は政府が解決してしかるべきだと思います。

国が落ちぶれると言うことはこういうことなのか…。

トラックバック

このエントリーのトラックバック URI を指定する

このリンクは、クリックされるのが目的ではありません。それは、このエントリー用のトラックバック URIを含んでいます。このエントリーにブログからトラックバックと ping を送信するにはこの URI を 使用することができます。このリンクをコピーするには、Internet Explorer の場合右クリックを、「ショートカットをコピー」を選択します。Mozilla の場合「リンクロケーションをコピー」を選択します。

トラックバックがありません

コメント

コメント表示形式 一覧 | スレッド

コメントがありません

コメントの追加

送信されたコメントは表示する前にもでレーションされるでしょう。

アスタリスクで囲んだマークテキストはボールド (*強調文字*)になり、下線は _下線_ になります。
標準的な感情表現、 :-) や ;-) といったものは画像に変換します。

ロボットからの自動的なコメントスパムを防ぐために、画像の下の入力ボックスに適切な文字列を入力してください。文字列が一致する場合のみ、コメントが送信されるでしょう。ブラウザーが Cookie をサポートし、受け入れることを確認してください。さもなければ、コメントを正確に確認することができません。
CAPTCHA