「Clubhouse」は常時接続のSNSの最初のブレイクになるか

「Clubhouse」は常時接続のSNSの最初のブレイクになるか

さすがに頭の良い人はスパッと分析しますねー
次のSNSは何か?というのはよく話題にでていましたが、僕が2014年くらいに作った資料では「おそらく、常時接続のライブ状態が続くものだろう」と予測していました。

なぜかというと・・・、人間は「よりリッチに、より密に向かう」というのが有るからだと思っています。今までも

テキスト→写真→動画→ライブ

といったように、リッチな方向に向かっています。
なるほど、”常時接続型の次世代SNS”と言われると非常にもっともらしく思えてきます。「ただのLINEグループトークじゃん」「Discordとかあったし」「素人のおしゃべりなんて聞くに堪えん」とかネガティブな反応も聞こえてきますので半年くらいしたら廃れてる可能性もありますけど、トレンドの先を読むのは楽しいのでしばらくウォッチです。要するにみんな新しいものに飢えてるんですよね。コロナ禍の下で巣ごもりですから、余計にストレスで祭に飛び付く気持ちはとてもよくわかります。もう現代人は新しい刺激なしには生きられないんですよね。

確かにウチの息子(高校生)や娘(中学生)のネットの使い方を見ていると、友達と一晩中LINE繋げっぱなしでダラダラ話していたり、ゲームの実況動画をシェアし合ったり、Zenlyなんて位置共有アプリが流行ってたり、"ライブ感"が大事になっている気がします。このあたりは、過剰な繋がりが鬱陶しいと感じちゃうオッサン世代とは感覚が違うのでしょうね。

じゃあなんでこんな設計にしているかというと・・・。それは「隙間時間を狙うSNSは目と手で見るほうがいい」けど、「常時接続を狙うSNSは今のところ耳がいい」だからじゃないかなと。
ながら視聴、ということなんですね。アメリカでClubhouseが流行る理由は、クルマの運転中に使ってるんじゃないかと想像します。日本だと通勤電車の中で声を出すのは無理なので、もっぱら聞く専になっちゃうかな。ここもリモートワークで各個人の環境が個別空間として確立するなら話は変わってきます。

多分、音中心のリアルタイムSNSというのも過渡的なもので、最終的にはもっとリッチなコンテンツ、つまり映像を通じたVR体験に発展していくのでしょう。あまりにリッチコンテンツすぎてウチでは手に余るので、このあたりは完全に次の世代にお任せです。それにしても今のところ全くマネタイズできていないClubhouseがビジネスとして成功するのか、要注目ですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバック URI を指定する

このリンクは、クリックされるのが目的ではありません。それは、このエントリー用のトラックバック URIを含んでいます。このエントリーにブログからトラックバックと ping を送信するにはこの URI を 使用することができます。このリンクをコピーするには、Internet Explorer の場合右クリックを、「ショートカットをコピー」を選択します。Mozilla の場合「リンクロケーションをコピー」を選択します。

トラックバックがありません

コメント

コメント表示形式 一覧 | スレッド

コメントがありません

コメントの追加

送信されたコメントは表示する前にもでレーションされるでしょう。

アスタリスクで囲んだマークテキストはボールド (*強調文字*)になり、下線は _下線_ になります。
標準的な感情表現、 :-) や ;-) といったものは画像に変換します。

ロボットからの自動的なコメントスパムを防ぐために、画像の下の入力ボックスに適切な文字列を入力してください。文字列が一致する場合のみ、コメントが送信されるでしょう。ブラウザーが Cookie をサポートし、受け入れることを確認してください。さもなければ、コメントを正確に確認することができません。
CAPTCHA