遊び体験の提供

夏にアメリカのモントレーを訪れる予定があり、ついでにサンフランシスコで何か面白いことが体験できないか調べていました。

まずは定番のTripAdviserでサンフランシスコ観光を検索。まあ、普通ですね。実は前回に家族でサンフランシスコは旅行をしたことがあり、ケーブルカー、フィッシャーマンズワーフ、ゴールデンゲートブリッジ、ナパバレーのワイン農場、Apple本社、スタンフォード大学、市内のレストラン、などのめぼしいところは既に体験していました。再度訪問したくなる面白い体験としては、上記の検索結果は不満です。

次に、Airbnbを検索。元々は民泊の検索サイトですが、最近は体験にも力を入れているはずだし、Airbnbのお膝元なのだからさぞかし充実しているはずと期待して見てみましたが、がっかり。一見色々な体験が提供されているように見えますが、食べ歩き、テイスティング、料理教室、写真教室、ライブ、トレッキング、サイクリング、くらいですかね。ずっと見ていると結局似たり寄ったりの体験が多くて、段々飽きてきます。おっ、と思わせるようなワクワク体験が少ない。これはまだまだ改善する余地が大アリです。

振り返って日本はどうか。

日本人も見捨てた温泉街を中国が買収、再生の行方に注目

圧倒的に考え方が古くて、自分たちのコンテンツを活かせていない。本来もっとポテンシャルがあるはずなのに、ごく限られたインバウンド需要を取り込んで満足しているのではないかと思えます。観光立国に関しての著作でデービッド・アトキンソン氏はこう語ります。
「気候」「自然」「文化」「食事」の四つの観光条件が揃っている国は希有。日本はそれがあるのに、観光客数が少なすぎる
私が思うに、諸悪の根源は”説明が少なすぎる”ことにあります。古い神社や仏閣が世界遺産だと言われて見に行ったのに、その凄さがよく分からなかったという声を聞きます。私たちが逆に外国人観光客として現地を訪れても同じことが起きますよね。文化施設はちゃんとした説明がないと価値が伝わらないのです。伝える努力をせずにおもてなしを唱えても、それは自己満足に過ぎないと思うのです。

話は外国人観光客向けだけではなくて、日本人向けにも改善が必要です。同じ日本人向けなら説明をクドクドする必要はありません。直感的に遊べる楽しいアクティビティはまだまだ足りてないのだと思います。この前親戚の集まりで聞いたのは、ティーンエージャーの甥っ子・姪っ子たちの「マウンテンバイクで思いっきり走り回れる場所や、サバイバルゲームが本格的に楽しめる施設がほしい」なんてリクエストでした。こういう遊びの感覚は、大人じゃなくて若者や子どもたちの感性に耳を傾けるべきですよね。昨今の観光列車の盛況振りを見ても、大人だって遊びを求めているんです。満たされていないんです。国内向けも外国人観光客向けも、大いに発展させるだけのポテンシャルがこの「遊び」マーケットに隠されていると感じます。面白い切り口を探してみようと思いますので、お楽しみに。

トラックバック

このエントリーのトラックバック URI を指定する

このリンクは、クリックされるのが目的ではありません。それは、このエントリー用のトラックバック URIを含んでいます。このエントリーにブログからトラックバックと ping を送信するにはこの URI を 使用することができます。このリンクをコピーするには、Internet Explorer の場合右クリックを、「ショートカットをコピー」を選択します。Mozilla の場合「リンクロケーションをコピー」を選択します。

トラックバックがありません

コメント

コメント表示形式 一覧 | スレッド

コメントがありません

コメントの追加

送信されたコメントは表示する前にもでレーションされるでしょう。

アスタリスクで囲んだマークテキストはボールド (*強調文字*)になり、下線は _下線_ になります。
標準的な感情表現、 :-) や ;-) といったものは画像に変換します。

ロボットからの自動的なコメントスパムを防ぐために、画像の下の入力ボックスに適切な文字列を入力してください。文字列が一致する場合のみ、コメントが送信されるでしょう。ブラウザーが Cookie をサポートし、受け入れることを確認してください。さもなければ、コメントを正確に確認することができません。
CAPTCHA