ストレージサービス

あまり聞き慣れない言葉ですが、クルマの預かり保管サービスというものがあります。実は中国は国策で中古車の輸入が禁止されているので、クラシックカーのコレクターは自分のクルマを手元に置くことができません。彼らは日本やアメリカ・ヨーロッパにクルマを預けて、休みを取っては訪れて存分にドライブする、サーキットにクルマを持ち込む、そんな遊び方をしているのです。ま、典型的な富裕層のライフスタイルですね。

日本は実はサーキット大国。鈴鹿、富士以外にも沢山のサーキットが存在し、充実度は世界有数です。高速道路の速度規制も建前はともかく運用幅が緩いので、実態は海外よりも飛ばせたりします。舗装のクオリティは恐らく世界トップでしょうから、インバウンドでクルマを愉しむ需要に対しては受け皿として整っていると言えますね。

ガソリンエンジン車がいつまで市中走行を許されるのか分かりませんが、このアナログで官能的な味わいはモーターでは再現できない代物です。この愉しみを知ってしまった趣味人は社会的に許される限りこの楽園から出ようとは思わないはず。その意味ではこの領域は簡単には死なないと思うのです。

人は実用性だけに基づいて生きているわけではありません。むしろ逆で、生活の中に占める趣味性の領域は、生活水準が豊かになるにつれてどんどん増えています。だって皆さんトイレットペーパーにすら香りや手触りや質感を求めていますよね。文化が成熟するということはそういうことなのだと思います。できることには限りがありますが、我々なりのやり方でCARZYはクルマ文化のさらなる発展に寄与したい。クルマ好きを笑顔にできたら最高ですね!

事業譲渡のお知らせ

本日11/21付けをもちまして、弊社の自動車パーツ販売事業を営業譲渡させて頂くことになりました。

---
事業譲渡のご案内
拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度、株式会社コンタクトは2018年11月22日をもって事業譲渡(カーナビ、カーパーツ販売)することとなりました。
永きに渡りご愛顧を賜りましたこと心よりお礼申し上げます。
なお、弊社の事業は下記の遠藤 弘樹氏が引き継ぐこととなりますので、何卒これまでと変わらぬご愛顧を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
敬 具

2018年11月22日

株式会社コンタクト
代表取締役社長 岡野 幹生



事業譲渡先
遠藤 弘樹
〒594-0076 大阪府和泉市肥子町2-114
電話番号 0725-46-1182
FAX番号 0725-46-1200
メールアドレス info@contactparts.jp
---

永年続けてきた事業ですので私なりに思い入れもあるのですが、遠藤さんにお任せした方がより発展できるという前向きな考えからの営業譲渡ですのでご理解を賜りたいと存じます。引き続きのご愛顧を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

私は今後、CARZYの立ち上げと、おちゃのこネットの事業拡大、この二つに注力します。おちゃのこネットは2004年からもう14年に渡る業歴がありますが、CARZYは形になったばかり。NASDAQ上場を目指して大きく育てて参ります。どうぞご期待くださいませ!

銀行の役割って?

私が就職した平成元年はバブルの絶頂期だったので、友人の多くが金融機関に就職しました。銀行にも何人かの知人がいますのであまりこういうことを書くのはよくないのですが、それでも時々感じてしまいます。「日本の銀行の役割ってなに?」と。今もとある案件があり、大手都市銀行に融資の依頼をしています。担当者は、銀行独自に融資をするのはリスクが高いので保証協会の保証を取ります、と。で、獲得してきた保証枠はこちらの希望額には満たない中途半端な金額。それじゃ役に立たないんですが…。

これ、そもそもおかしくないですか。だって、リスクを負っているのは保証協会じゃないですか。銀行は右から左に案件を繋いで利益を乗っけてるだけで、自分たちは何もリスクを冒していない。これ、子どもにでもできる仕事だと思いませんか。いわゆる付加価値を何も生み出していないんです。これで高い給料取ってる理由が分かりません。その原資はどこから出ているんでしょうか。多くの人が疑問に思わずに毎日垂れ流している振込手数料なのでしょうかね。

おカネの三大機能とは、価値の交換(決済)・価値の表明(価値の大きさを表す)・価値の貯蔵、にあります。その意味では、おカネを預かって、決済をしていればそれで金融機関としての最低限の仕事はしていることになりますが、本来の役割は信用の創造にあると思います。住宅ローン、自動車ローン、運転資金の貸与、設備投資、そしてM&A。預金者からおカネを預かって、貸し出す。そのスプレッドで利益を取る間接金融の仕組みでは大きなリスクを取れないのは当たり前ですが、それでもこれだけ世の中におカネが余っている現代ではハイリスク志向でないと仕事にならないのです。古い枠組みから脱却できずにもがいているのはどの銀行にも共通の悩みなのでしょうね。

今回のウチのニーズはM&A資金の調達なのですが、実はLBO(レバレッジド・バイ・アウト)という便利な仕組みがあります。簡単に言うと、買収先企業の資産を担保に借り入れを行うというとても都合のいいスキームなのですが、対応できる金融機関には限りがあります。独自の与信管理のノウハウと経験がモノを言うのですね。業界で有名なのは、東京スター銀行。ここはかなりのリスクを負って積極的に案件を取りにいくので有名です。実はここ、台湾資本なのですね。過去さまざまな経緯があり、今は台湾大手の中国信託商業銀行の傘下にあります。道理でね。日本の金融機関じゃこうはいかないと思いました。

これからますます直接金融、つまり株式市場を通じて資金調達する流れが加速すると思います。銀行は20世紀型の古い仕事のやり方を捨てて21世紀型の新しい仕事のスタイルを身に付ける必要があるのですが、さてどれだけの銀行がそれを実行できるでしょうか。学生さんはこのトレンドをよく見て就職を考えないと、定年までいられると思っていたら後悔しますよ。甘い時代はもう終わったのです。

ゴーン・ショック

事の真偽は分かりません。しかし、日産が揉めているということは分かります。ビジネスマンなら、結局社内で醜い権力争いが起きたのだな、ゴーンの長期政権が続いているからそろそろ足を引っ張るヤツが出てきたのだな、程度にしか思わないのではないでしょうか。大体、役員報酬を幾ら支払っているかは会社は分かっているのですから、有価証券の書議記載ってそれは会社の不手際なんじゃないのと思いますよ。高額な報酬をもらっている有名外国人社長が後ろから刺される社会なのなら、今後の日本企業の役員就任をためらう外国人経営者が増えるでしょうね。それは国益に反していると思うのですが。

私が思ういまの日本の最大の弱点は、経営トップの戦略性の弱さです。日本語の特性か文化の問題かわかりませんが、どうも日本人はシステム思考が弱い気がします。ここを補う一番手っ取り早い方策が、有能な外国人経営者をスカウトすること。その意味ではカルロス・ゴーンの採用は最大の成功例だったはずなので、それを貶めることはマイナスでしかありません。

どこまで事件性があるのかわかりませんが、私は日本村の狭い内向き志向が表れた象徴に思えて、とても残念です。21世紀を迎えても日本人のメンタルは大きくは変わっていないようですね…。

SUZUKA Sound of Engine 2018

SUZUKA Sound of Engine 2018

週末は鈴鹿サーキットでイベントに参加してきました。土曜日はBH Auctionの「Team TAISAN Auction」が開催されました。監督の千葉さんが35年に渡るレース活動を引退し、思い出の品をオークションに掛ける特別な場でした。思い入れの数々を前に想いを語る千葉さんと、縁の深いレーサー達からのビデオメッセージを見ているとこちらももらい泣きしそうになりました。この夜の一番の高値はLot No.042のF40。事前のEstimateを大きく超える1億1千万円で落札! 千葉さんもお喜びでした。

日曜日の見どころは、往年のF1マシンが前回でコースを駆け抜ける「Masters Historic Formula 1 in JAPAN」。敷居の高いF1と違って、このイベントでは普通にピットレーンの間近まで近寄って各マシンを見ることができます。目の前でドライバーがコクピットに乗り込み、エンジンを始動し、走り出していく様を息子はとても興奮して食い入るように見つめていました。こういう経験はサーキットに来ないと味わえませんからね。

このイベントの主催者がタイトルに込めた想い、それは消えていく運命にあるガソリンエンジンと旧車たちへのオマージュなのでしょう。これから発売される新車はEVが主体になり、どんどん自動運転化が進みます。既にマニュアルでクルマを運転できる人は少数派になってしまいました。それでも、このエンジンのサウンドを聴いて、何かしらの興奮を覚える人は多いはず。ただの騒音じゃないんです。肌を突き刺す甲高い金属音、内蔵まで響き渡る重低音。ただの機械のはずなのに、エンジンが発する音はまるで獣の咆哮のように人の心を揺さぶります。それは理屈じゃない、感性の世界。これだけ多くの人が惹き付けられ続けているのには理由があるのです。私は、それは時代を超えて受け継がれる人間の文化だと思っています。どういう形になるかは分かりませんが、愛するクルマ達を愛でる喜びはきっと残っていくはず。だって、人間ってアナログな生き物なのですから。

ぜひ一度、皆さんもサーキットにお越しになってみて下さい。そして感じてみてください。このエンジンのサウンドを。それはきっと皆さんの生活に潤いをもたらしてくれるはずですから。

日本が目指すべき立ち位置

毎年48万人が米国留学から帰国し、イノベーションを主導させる中国のすごみ

もし今でも日本が中国より進んでいるとお考えの方がいらしたら、すぐに改めるべきです。残念ながらもう中国に追い抜かれていますし、その差は今後開くばかりで縮まることはないでしょう。その原因が端的にこの記事に述べられています。要するに、人材の差、なのです。

日本はもともと資源のない国。明治の先人たちはそれをよく分かっていて、有能な若者を多数欧米に留学に出し、貪欲に学びました。今はどうでしょうか。留学生の数が減ったのは少子化だけが理由ではありませんよね。

戦後の高度成長期の遺産をほぼ食い尽くした今、次の世代が世界でどう戦うかの戦略的岐路に立っています。もうボリュームでアメリカ、中国、インドに勝てないのは明らか。では日本はどこで勝負すべきか。

私が思う日本のストロングポイントは次の3つ。

1.信頼性
 これは皆さん納得されるでしょう。工業製品の信頼性という他に、約束を守ることや信義を重んじるという意味の信頼性も世界で評価されているところだと思います。ここが簡単に劣化するとは思えない。恐らく国民性に帰属する強みとして今後も残ると思います。

2.要素技術
 日本の強みはディテールにあります。細部の細い作り込み、そして一つのことを地道に追求する職人魂。この伝統が生きているのが、素材や生産技術分野におけるモノ作り領域だと思います。この強みの大もとは、日本語という特殊言語にある気がしています。SVOの文脈が曖昧でも成り立ってしまう日本語の特性と四季に囲まれた環境が強みの原因なら、これも簡単には失われませんよね。
 その代わりに日本の弱みは、システム思考の弱さと、それに起因する経営能力の低さです。トップの判断の悪さをミドル以下の現場が補う構図は昭和初期から何も変わっていないと感じます。これを補う特効薬は、インド・ユダヤ・中国などから有能な経営者を連れてくることだと思います。あのマイクロソフトがこれだけ良い方に変われるんですからね。

3.センス
 これは年配の人間にはもう一つピンと来ないことかもしれませんが、日本人の若者のセンスは世界最先端です。ファッション、音楽、ゲーム、マンガ、なとなどCool Japanで売れ出せるものは多いのです。ここ、実は韓国も隠れたハイセンス国になりつつありますけどね。我々は老害にならないように慎重に注意して、若者がもっと自由に活躍できる舞台をお膳立てしてあげるべきなのです。古いシャッター商店街とか、集客に悩むくらいなら、若者に無料で開放して好きに商売させれはいいんですよ。街の活気は若者のクリエイティビティを開放することでしか取り戻せないと思っています。

私は自分が生まれたこの国が大好きです。だからこそ、この先もいい国であり続けてほしい。そのために自分にできることを精一杯やり続けます。子どもたちに遺す価値のある国だと思うから。

TechCrunch Tokyo 2018

渋谷ヒカリエで開催されたTechCrunch Tokyo 2018にCARZYのブースを出展していました。出展費用は3万円、これで二人分の入場チケットがついてくるならお得ですしね。どうせなら他がやらないことをやろうと、キャンペーンガールを置くことにしました。半分私の趣味ですw

でも狙い通りオタク気質のITイベントにキャンギャルの存在は異色で、目立っていたと思います。明らかに興味あるのに横目でチラ見するだけで通り過ぎていくギークたちが可愛かったですw

本会場ではいつもネットで見るだけの有名人が次々に登壇して、華麗なスピーチを披露します。いつか、自分もあの舞台に立てるようになろう。そう改めて決意しました。

RALLY NIPPON in California 2018

お時間があれば是非こちらをご覧ください。ラリー・ニッポンというイベントがありまして、今回が記念すべき10回目。ラリーと聞くと多くの方はパリ・ダカール・ラリーのような激しいレースをイメージされると思いますが、ラリー・ニッポンは競技性が低くてもっと緩いスタンプラリーのようなツーリングラリー。そのぶん参加者は有名観光地や景色を楽しめて、満足度が高いイベントなのです。

ラリー・ニッポンに参加する大きな意味の一つは、参加者さんとの交流。特に今回はアメリカまで愛車を船積みしてまでイベントに出場しようという方々の集まりですから、濃いメンバーさんばかりなのです。有名どころでは元日産自動車常務取締役の中村史郎さんもエントリーされており、楽しくお話しさせて頂きました。

実は今回の渡米の大きな目的は、CARZYのアメリカ側エージェントを探すこと。首尾良く引き受けて頂ける方が見つかりましたので、これから北米マーケットをCARZYに取り込むべく、仕込みをしていきます。やはり日本国内だけでプラットフォームを運営していても、面白くなりません。私もまずは国内でトラクション出してから海外展開と思っていましたが、そうではなくて、実は海外マーケットへのリンクを実現することがCARZYのトラクションを上げる最短距離な気がします。

CARZYで、アメリカの、ヨーロッパの、そして中国のCar Craziesが繋がる。そう想像するとワクワクしますね。早く実現させたいです!

ベター・ハーフ

魂の片割れ、つまり最高の伴侶のことを指しますが、皆さんにはこういう存在がいますか?

いるとお答えになった方は、もうそれだけでこの世に生まれてきた理由の半分を見つけたようなもの。すでに人生は成功していると言えるでしょうね。あとの半分の理由は、その相方とどうよい人生を生きるか、です。

いないなとお感じの方にどうお声を掛けていいか私には分かりませんが、今生で巡り会えなかったのなら、それは来世に持ち越された課題なのかも知れませんね。

私は幸いそういう伴侶を見つけることができました。しみじみ、自分は幸せ者だと思います。ですから、その幸せの輪を一人でもでも多くの人に拡げたい。周囲の人を一人でも多く幸せにしたい。会う人みんなの人生を背負うことはできませんけど、ポジティブな影響を与えられる存在でありたいと思うのです。

良好な夫婦関係を保っている人は少数だと思いますが、隣の芝生を気にする前に、まずはあなたの隣にいる人の顔を思い出してみてください。最近、笑顔を見ていますか? 大切にすべきなのは、まずそこからですよね。

マスターマインドグループ

マスターマインド

おちゃのこネットのユーザーさんに教えて頂いたのですが、この「マスターマインド」という繋がりには大きな意味があると感じています。人生はいつも学びの場なのですが、やはり自然に心と頭に入ってくる教えというのは、それなりの相手とシチュエーションがもたらすところが大きい。尊敬できる人の振る舞いを身近で目にできる機会は貴重なのです。

今年に入ってから、おちゃのこサークル勉強会というものを開催しています。これはおちゃのこネットのセミナーにパネラーとしてご参加頂いたショップオーナーさんだけをご招待して少人数で行う、経営に関する勉強会です。参加者はおちゃのこネットでトップレベルの売上を誇るショップオーナーさんばかりですから、そこで出る話は濃密で価値が高い。成果を出すための工夫、多くの成功と失敗の試行錯誤、年月を経て磨き上げられた経営スタイルと人生観。

現状でも充分成功されているショップさんばかりですが、でもこれが最終到達地点ではありません。死ぬまで一生勉強。それが一線で経営をしているものの宿命。大事なのはいかに高い目標を設定して、実現に向けて努力するか。私自身も、そんな皆さんにとっていい刺激を与えられる存在でありたいと強く思います。このグループのメンバーから一人でも多く上場する方が出てきて頂きたいなと夢想しています。夢で終わらせたくないですね。

noteと連携しました

note記事内でのEC表示機能、新たにYahoo!ショッピングなどの6つのECプラットフォームが加わり、合計11サービスになりました。

勘違いしている人も多いのですが、イマドキはモノをただショップに並べているだけでは絶対に売れません。そこに必要なのは、ストーリー、物語り、なのです。その商品を生み出すのにショップオーナーがどれだけの情熱を傾けたのか。どれだけの想いと時間と労力が詰まっているか。その商品の背景にある物語りに消費者が共感したときに初めて、モノが売れるのです。だから、売れません、と嘆くオーナーさんは、自分が買う側の立場に立ったときに本当にそのお店でその商品を買う気になるかどうか、自分に問いかけてみればいいのです。何が足りないのか、どうすればいいのか、答えは自然に見えてくるはず。

その意味で、物語りを伝えるには、それ相応の舞台装置が必要。ネットにも相応しい場と演出が求められるのです。noteはそんな想いを伝えやすいメディア。そこにおちゃのこネットがJOINできたこと、とても嬉しく思います。ぜひ上手く活用して、それぞれのお店の素敵なストーリーを沢山生み出して頂きたいですね。ショップの運営、商売って、ある意味自己実現の場なんですよ。

自動車の安全機能

最近のクルマが進歩しているとは聞いていましたが、これほどとは…。

Mercedes-Benz Intelligent Drive

恐らく世界で一番進んでいるのはメルセデスでしょうね。上記の機能一覧を見ても、現時点で考えられる安全機能がほぼ全部網羅されています。もちろんその先には完全無人自動運転が待っているんですが、95%を99%にするのは至難ですから完全自動運転の実現には意外と時間がかかるのではと思っています。導入の要件として100%を求めれば、それはもう無理筋というもの。ドライバーの運転責任を前提にしないとシステムの設計はできないでしょうね。

Toyota Safety Sense

トヨタも安全技術の開発は重要テーマとして取り組んでいます。新車の販売にあたっては安全機能を重視する消費者がますます増えていくでしょうから、ここの優劣が経営に直結します。手を抜けない領域なんですね。クルマはこうやって電装品のカタマリとなり、各種センサーと制御ユニットが多数搭載されていきます。そしてその使い勝手を左右するのはソフトウェア技術です。日本企業はハードウェアの開発にはまだ優位性がありますが、ソフトウェアに関しては苦手。製造業の筆頭であるトヨタがこの分野でリーダーシップを取っていくことが果たしてできるでしょうか。何となく日本企業が優秀なパーツ下請けメーカーのポジションに収斂していくような気がして、心配です。最終製品の提供者としてトータルサービスのクオリティで勝てないと、世界マーケットで生き残れない。その意味では、トヨタでさえも存亡の危機にあると言えます。

いわんや、他の中小日本企業をや。トータルのユーザー体験、いわゆるUXを第一に考えていく必要がありますよね。ハードルは年々高くなるなと気を引き締めています。

深圳訪問記

週末に香港・深圳を訪問してきましたので、その感想を記しておきたいと思います。

私が今さらお書きするまでもなく、深圳の発展振りはよく知られています。それでもまだ現地を訪れたことがある人は少ないでしょう。まだ深圳に行ったことのない人、特に若い人に言いたい。是非、深圳に行ってみて下さい! そして自分の目で現地の雰囲気を体感して下さい。きっと凄いインパクトがありますから。

深圳のインパクトは入国イミグレーションからスタートします。最近は電子が進んできましたが、中国は共産党の政策が個人のプライバシーに優先する国。当然ながら入国者は全員指紋と顔写真の登録が必須です。今は横断歩道で信号無視しただけで、大型ディスプレイに顔写真がデカデカと表示され、個人宛に違反がメールで通告されるのだそうです。いくら市民が監視体制に反対でも有無を言わさず強行してしまう怖い国です。これはある意味アメリカや西側先進国にはない中国の強みになっています。政府がどんどん新しい技術を導入してしまうので、中国のITが世界最先端のショールームになっているのです。情報の検閲もなくならないでしょうが、新技術の実現スピードも世界一。これは侮れません。壮大な社会実験が行われている国と言えますね。

深圳の駅前に着いてガイドさんに教わったのが、市内を走るクルマの殆どが電気自動車であること。特にバスとタクシーは完全にEV化されていて、音がしません。バイクも全て電動です。これは新規に発行されるナンバープレートがEVに限定されているからなのだそうで、お蔭で深圳では空が青いです。PM2.5で煙る北京とは大違いです。走っているクルマもBYDが多く、国産車がメインになっています。市内ではベントレーやフェラーリなどの高級車もそれなりに見かけましたが、中国独自モデルが主体で独特のマーケットだなと感じました。ちなみにですが、中国では外国から中古車を輸入することは禁止されています。これは国内のEV保護育成政策に則ったもので、恐らく将来に渡っても解禁されることはないでしょう。なので中国でクラシックカーに興味がある好事家は香港や外国に自分のクルマを保管して愉しむしかないのです。そういう富裕層もかなりの数に上ります。

これは華強北の電気街。恐らく秋葉原の数百倍の規模だと思います。デカいビルのワンフロアにぎっしり電子部品の専門ショップが詰まっていて、それがビル全体を埋め尽くしています。そのビルが大通りを挟んで両側に拡がっているのですから、もう全体像を把握することはできません。これが年々まだ増殖していると聞くと、底知れぬ中国の製造パワーに怖さを感じます。近年は上昇する人件費もあり、深圳自体は製造業を市外に排除する方向らしく、東莞や恵州に工場が移転しているのだそうです。それでも深圳が世界中からバイヤーが集まる製造業の聖地であることに変わりはなく、その規模にただただ圧倒されます。日本の製造業が空洞化して久しいですが、その行き先がここだったのですね。ここには試作から量産に至る全ての機能があり、どんなものでも三日もあれば試作品が上がってきます。ハードウェア系のベンチャーにとっては深圳を拠点に事業を立ち上げることが成功への最短ルートなのです。

これが深圳のベンチャープラザ。ここにはベンチャーキャピタル、法律事務所、ほかベンチャーに必要なものが全て揃っており、全世界から一発当ててやろうという野心に燃えた若者が集まっています。最近は日本からも若手起業家がここに入居しており、国境を越えてアグレッシヴにやっている若手がいることを嬉しく思いました。香港と深圳に在住の日本人ビジネスマン/ウーマン何人かに話を聞いたのですが、多くの日本人はとにかく動かない、と口を揃えて嘆いていました。せっかく破格の条件で中国企業が迎えようとしても、最後に家族の反対などで決められない。チャンスを逃すと。日本国内の閉塞感に慣らされているからなのか、日本人は消極的、という評価が定着してしまっています。これは本当に残念。若い人にこそ、国境を越えて成功するチャンスにチャレンジしてほしいですよね。実はいまはまだ中国の大学に留学する学生が少ないので、中国留学は狙い目なんですよ。日本国内の二流大学でだらだらと四年間を過ごすくらいなら、思い切って深圳に飛び込んでみてはどうでしょうか。きっと人生がいい方に大きく動くと思うのです。

これがテンセントの新本社ビル。あまりに大きくてカメラに収まり切りません。今や時価総額は世界トップ5。テンセントのゲームをしなくても、WeChatとWeChat Pay抜きでは生活は成り立たない。中国における存在感はGoogleやFacebookの比ではありません。HUAWEI、DJIと並んで深圳を代表する成功例ですね。

私も正直なところは、中国のバブルも佳境で、さすがにそろそろ崩壊するだろう。さすがにこのままアメリカを抜いて発展し続ける事はない、と思っていました。確かに不動産市場は上げ底なところもあるでしょうが、それでもこれだけの巨大な資本の蓄積を目の前に見せつけられると、理屈が圧倒されます。現実の持つ重みというか、迫力。それに全てがかき消されてしまうと感じました。考えてみると、中国は歴史上ずっと世界の中心でした。四大文明の発祥の地であり、秦・漢・随・唐など、歴代の王朝がアジアを支配してきたのです。近代においては西洋に蹂躙されて遅れを取りましたが、歴史上の定位置、すなわち文明の中心に今また返り咲こうとしているだけなのかもしれません。共産党という存在が西洋の民主主義からは遅れたものに見えてしまいますが、中国国民にとっては広大な国を治めるための統治システムの一つくらいにしか思っていないのかもしれませんね。中国では、上場企業の役員よりもラーメン屋の親父の方が上なのだそうです。それくらい商売と独立心旺盛な13億人の民のメンタリティは、共産主義なんかに染まってはいません。そのベースがあるからこそ、これだけ短期間に目覚ましい発展を遂げた理由があるのではないでしょうか。中国全土の省と特別市が成果を競い合う健全な競争原理が、中国というマーケットを健全にしています。腐敗対策などの課題もありますが、今のところ共産党幹部は非常にクレバーに問題に取り組んでいるように見えます。何を決めるにも時間ばかりかかって前に進めない日本とは大違いです。

深圳という年の平均年齢は32.5歳なのだとか。実際に街を歩いていて、全く年寄りを見かけませんでした。この若さが深圳のパワーなのです。このモニュメントには「来了就是深圳人」とあります。深圳に来れば、あなたも深圳人。中国もご多分に漏れず、よそ者には冷たい社会です。上海や北京では地元の人間に外から来た外様が溶け込むのは至難。学校では言葉の違いでイジメに遭いもします。それがたった30年で発展した深圳にはないのです。全員がよそ者であり、そこに差別も区別もない。全員がフラットにチャンスを追う新天地。それが深圳なのです。アメリカの開拓精神に近いですよね。帰りに立ち寄った香港が年寄りで溢れていたのとは対照的な光景。それは日本との対比にも見えます。日本はこのまま斜陽の道を辿るしかないのか。それとも聖徳太子的なメンタリティを取り戻して、もう一度日のいづる国として輝きを放てるのか。今が勝負時な気がします。

鄧小平は言いました。先に豊かになれる者が豊かになれ、と。今の日本においては、先に挑戦する気持ちのあるものが外に出よ、だと思います。全員が国境を越えて海外で勝負できるわけではありませんが、一部にですが攻めている人はいます。彼ら彼女らの背中を見て、成功例を追う若者が一人でも多く出てきてほしい。そこにしか日本の活路はないと思います。

香港の感想

香港に来たのは、数年前にAsia Payと決済の契約をする出張をして以来か。街なかはスペースが飽和状態なので特に変わった印象はないけど、郊外は確実に発展してる。香港空港の拡張、香港ーマカオ連絡橋の建設、マンション。ホテルは狭くて高い。香港ではスペースが貴重なんだな。そして街なかの人出が多くて、若者が目立つ。東京も人は多いけど、年齢が高めなんだよね。アジアの若さを感じる。

中国の成長がピークアウトするという説の根拠は、人口ボーナスフェーズの終了が最大の理由だったりする。ところが中国の統計情報は怪しいので、肝心の人口動態がそもそも信用できない。一人っ子政策のせいで正規の戸籍に登録はできない隠れ家族が凄い数いて、実は人口は既に20億人を超えているという話もある。まだインドが追いつくのは先の話かもね。

もう一つの懸念材料は、バブルの崩壊。確かに東京の二倍の地価と聞くといつまでも上がり続けることはないだろうと思うけれど、そこは共産党の一党独裁が続く特殊な国。経済発展を腰折れさせないように全力で政策を打つから、なかなか崩壊しないんだよね。その仕組みのベースは、行政の競争環境にある。つまり、全国に23の省と4つの直轄市(北京、上海、重慶、天津)、これに香港とマカオの特別行政区を加えた地方自治体がそれぞれ経済発展を競い合ってる。そこで成果を出した首長が抜擢されて共産党の上級幹部に登用されるシステムが、国の活力を生んでいる。日本が何をするにもあまりに時間がかかりすぎるのを見ていると、この差は拡がるばかりと嫌になる。

では日本人はどうすべきか。それは、国内に閉じこもってないで外に出ろ、に尽きる。分かってる奴はもうそうしてる。香港でもマレーシアでもシンガポールでも、必ず活躍してる日本人がいる。そのアグレッシヴさをこそ見習うべき。若い人にその意識を持たせることが私の世代の務め。そして現役の間はまだまだ世界を見て攻めようと思う。これからいま世界で最もアツい街、深センを見てきます。お楽しみに

ITリテラシー

色んなところで、あ、この人イケてないな、と感じることがあります。それはITのリテラシーの低さを見たとき。イマドキLINEしてない、ガラケー、は論外としても未だに電話してくる人とか、メディアの使い分けが出来ない人は結構います。電子マネーや、ネット決済、有料サービスの利用実態まで話を広げると、イケてない人の数は更に増えます。これ、全部老害になり得るんですよね。

ウチの息子世代とかは生まれながらのデジタルネイティブです。いつの間にか私より詳しくなっちゃって、スマホの細かい設定や使い方を教えてくれたりします。ゲームやネットの世界の新しい常識や流行りなども。自分がオールド世代であることを自覚させられるのは哀しくもあり、次の若い世代の台頭を頼もしく思ったりもして。

日本が戦後に一大発展を遂げたのは、年寄りを一斉にパージして若い世代に世の中を開放したせいかもしれない。今の50代以上が、世の中の役に立っているのか、足を引っ張っているのか。自分は違うぞというところは、口だけじゃなくて行動と実績で証明するしかないのです。老害と言われないよう、攻め続けなければ。