Instagramマーケティング

おちゃのこネットでトップクラスの売上を誇る某ショップの社長さんにお話しをお伺いする機会がありました。今一番力を入れているマーケティングチャネルは、Instagram。やはりイマドキはそうなんですね。昔は対象顧客が読んでいそうな雑誌への広告出稿が主体だったのですが、紙媒体の実売がどんどん落ちている昨今では10万部発行のメディアはごくわずか。対して、故人でフォロワーが10万人単位でいるモデルやタレントさんは結構いるので、いまはメディアと個人のパワーバランスが逆転していて発信力のある個人を軸にした方が効くのだそう。

K・ジェンナーがインスタの女王、1投稿1億円稼ぐ

これはさすがにケタが違いますが、世界ではこんなことになっています。勿論Instagramに向いている向いていないという特性はお店と商材によって異なるでしょうが、最新のメディア動向にうまくキャッチアップすることは大事だということですね。

トラックバック

このエントリーのトラックバック URI を指定する

このリンクは、クリックされるのが目的ではありません。それは、このエントリー用のトラックバック URIを含んでいます。このエントリーにブログからトラックバックと ping を送信するにはこの URI を 使用することができます。このリンクをコピーするには、Internet Explorer の場合右クリックを、「ショートカットをコピー」を選択します。Mozilla の場合「リンクロケーションをコピー」を選択します。

トラックバックがありません

コメント

コメント表示形式 一覧 | スレッド

コメントがありません

コメントの追加

送信されたコメントは表示する前にもでレーションされるでしょう。

アスタリスクで囲んだマークテキストはボールド (*強調文字*)になり、下線は _下線_ になります。
標準的な感情表現、 :-) や ;-) といったものは画像に変換します。

ロボットからの自動的なコメントスパムを防ぐために、画像の下の入力ボックスに適切な文字列を入力してください。文字列が一致する場合のみ、コメントが送信されるでしょう。ブラウザーが Cookie をサポートし、受け入れることを確認してください。さもなければ、コメントを正確に確認することができません。
CAPTCHA