ZOZOSUITの脅威

剛力ちゃんとお騒がせな前澤さんですがw、やっている施策は的確です。注文していたZOZOSUITが届いたので早速着用してデータの計測をしてみました。手順もインストラクションもよく練られていて、アプリの指示に従えば誰でも自分の体型データがサーバーに登録できるようになっています。非常にカンタン。

で、その後にZOZOTOWNでアイテムの検索をすると、サイズ一覧に「あなたのサイズ」表示が! これはいいですね。私は概ね既成の服でサイズが合うので今まであまり不便を感じたことはなかったのですが、ウチの息子なんかは身長が高くて細いので合う服を探すのに苦労していました。彼のような人は重宝すると思います。

この取り組みはユニクロはもちろんAmazonにも先行していますから、ファッションカテゴリーにおいてはトップランナーなわけです。正確な体系データという武器を手に、あらゆるファッションアイテムの販売ポータルを取れる可能性がありますから、この先どこまでいけるか非常に見ものです。できればこれで世界を制覇してほしい。世界に通用するIT企業として、ZOZOとメルカリは応援しています。IT業界におけるSONY・ホンダを作るんだ!

トラックバック

このエントリーのトラックバック URI を指定する

このリンクは、クリックされるのが目的ではありません。それは、このエントリー用のトラックバック URIを含んでいます。このエントリーにブログからトラックバックと ping を送信するにはこの URI を 使用することができます。このリンクをコピーするには、Internet Explorer の場合右クリックを、「ショートカットをコピー」を選択します。Mozilla の場合「リンクロケーションをコピー」を選択します。

トラックバックがありません

コメント

コメント表示形式 一覧 | スレッド

コメントがありません

コメントの追加

送信されたコメントは表示する前にもでレーションされるでしょう。

アスタリスクで囲んだマークテキストはボールド (*強調文字*)になり、下線は _下線_ になります。
標準的な感情表現、 :-) や ;-) といったものは画像に変換します。

ロボットからの自動的なコメントスパムを防ぐために、画像の下の入力ボックスに適切な文字列を入力してください。文字列が一致する場合のみ、コメントが送信されるでしょう。ブラウザーが Cookie をサポートし、受け入れることを確認してください。さもなければ、コメントを正確に確認することができません。
CAPTCHA